お気に入りに追加

弁護士が教える経営者・士業に役立つ民法系リテラシー

ビジネスで損をしない民法系基礎応用の知識を分かりやすく解説!

 

 ビジネスシーンでこんなことありませんか?

「交渉の場面で、うまくリードができず、相手側の思うままの条件で合意させられた」
「契約書をしっかり確認していなかったため、不利な条件で契約させられてしまった」
「報酬についてしっかり取り決めができていなかったため、回収できなかった」・・

よくある話ですが、民法的な基礎応用知識(民法系リテラシー)さえあれば回避できたケースが、ほとんどです。
中には、「知らなかった」では済まされないようなまさしく「洒落にならない」損害を被ってしまうケースもあり、特に、会社や事務所を経営する立場であるからこそ、最低限身につけなければならない民法系リテラシーが必要であると言えます。

今回、弁護士の木野綾子(きのあやこ)先生を講師に迎え、これら「合意形成で失敗しないためのリテラシー」「契約書締結で失敗しないためのリテラシー」「報酬の確保で失敗しないためのリテラシー」について、実例を交え解説を頂きました。

また、気が付いたらいつのまにか著作権侵害をされていた、名誉を棄損されていたケースなどありますが、その対策についても解説頂いております。

この1つのDVDで一気に四つのリテラシーが身につきます。
是非、このDVDで、ビジネスシーンで損をしないための知識と知恵を身につけてください!

 

DVD内容

合意形成(交渉)のノウハウ

本テーマの目標

ビジネスシーンで合意を形成するまでの基本的なプロセスや心構えを軸に、自身の業務への応用、スムーズな合意形成のテクニック、やってはいけないNGポイントをつかむ。

  • 交渉の基本
    交渉の目的とは?/心得について/根拠や資料は?/詰めはどうする?・・
  • 合意形成のテクニック!
    どちらが最初の案を出すのか?/スムーズに進めるためには?/落としどころとは?/膠着したら?/あえて決めない・・
  • これはやっちゃダメ!
    知っておくべきやっちゃいけない4つのポイント/弁護士に任せた方が良い場合とは?・・

契約書形成の基本

本テーマの目標

業務に欠かせない各種「契約書」で失敗しないための「最低限の知識」と「契約書チェックのポイント」をつかむ。

  • 契約の基本原則と形式
    契約の本質とは?/無効となる例や最低限必要なもの/借用書や誓約書はNG?・・
  • ポイント①
    読む前に考える6つのポイント
  • ポイント②
    業務内容・手順についての4つのポイント
    ポイント③
    最も注意すべき片手落ち条項(当方だけに不利)、どこをチェックする?・・
  • ポイント④
    最悪を想定してとるべき6つの対策/ネット上の「規約」「約款」は?

報酬確保のコツ

本テーマの目標

自分の価値を安売りせず、しっかり報酬と向き合い確保する。

  • 着手金・報酬金方式の考え方
  • タイムチャージ・サブスク・日当・実費立て替えの留意点
  • 無料相談や紹介割引
  • 見積もりと減額への対応
  • 不払い防止と回収のコツ
  • 法的手段としての回収方法~本当に使える「手続」、メリ・デメは?
  • 報酬債権の消滅時効 注意すべきポイント

情報発信2大トラブルへの対応

本テーマの目標

SNS・ブログ・HPなどの情報発信における2大トラブル「名誉棄損」と「著作物引用ルール」の基礎知識を得て、自分自身で最低限の予防や対応をできるようにする。

  • 名誉棄損とは何か?/名誉棄損にならない「真実性の抗弁とは?」
  • もし名誉棄損の被害を受けたら?とるべき対策法
  • 著作権引用のルール/著作権者の許可が不要の場合とは?
  • もし著作権を侵害されたら?とるべき対応策/肖像権について

 

講師

木野 綾子(きの あやこ)氏
法律事務所キノール東京代表

平成6年 早稲田大学政経学部卒業
平成9年 司法研修所卒業(49期)、東京地方裁判所に判事補として任官、以後、土浦、東京、豊橋の順で各地の裁判所に勤務
平成22年3月 千葉地方裁判所を最後に退官し弁護士の道を歩む、弁護士登録(第一東京弁護士会)

多くの裁判の経験から民事における訴訟の合理的な進め方、訴訟回避策を企業側に指導している

木野先生によるDVD・セミナー

【DVD】労働紛争の収め方DVDセット

労働紛争について「初動」を間違えないための、「ここは是非押さえておいてもらいたい」というポイントをじっくり解説するDVDで、社労士として業務上の必須科目である「示談交渉編」、“いざというときの備え”の知識を得て的確なアドバイスができる「裁判手続き編」のセットDVDです。 >>詳細を見る

【オンデマンド配信】元裁判官がみた同一労働同一賃金最高裁判決と今後の実務対応

2020年10月13日、メトロコマース事件、大阪医科薬科大学事件、2020年10月15日、日本郵便事件といった、同一労働同一賃金をめぐる最高裁の判断が下されました。そこで、弁護士、木野綾子氏をお呼びし今回の判決が持つ意味、それを踏まえたうえでどのような実務対応が必要となるかについて元裁判官という独特な視点で解説いただきます。【2020年11月16日撮影】 >>詳細を見る

 

ご購入はこちら

タイトル 弁護士が教える経営者・士業に役立つ民法系リテラシー
価格 PSR正会員   29,700円(税込)
情報会員・一般 39,600円(税込)
備考
  • 制作 : 2021年7月
  • 収録時間 : 約2時間40分
  • 内容:DVD、レジュメ、

【ご確認ください】

  • 商品内容は制作時の情報となります。その後の法改正等は反映されていません。あらかじめご了承ください。
  • ※DVDを購入する方へ
    DVDを再生するためのアプリがパソコンにインストールされていない場合、ご自身で再生環境を用意する必要があります。
    パソコンでのご視聴を予定されている方はご自身のパソコンでDVDが再生可能かどうかを必ずご確認の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

販売コンテンツ一覧に戻る

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ