お気に入りに追加

政府の規制改革推進会議が答申 「限定正社員」法整備 副業・兼業の促進などを提言

令和元年(2019年)6月6日に開催された「第46回規制改革推進会議」において、「規制改革推進に関する第5次答申~平成から令和へ~多様化が切り拓く未来~」が取りまとめられ、会議に出席した安倍総理がその答申を受け取りました。

答申では、各分野における規制改革の推進の方向性などが示されています。

雇用の分野などについては、次のような項目が掲げられています。

<雇用分野>

●ジョブ型正社員(勤務地限定正社員、職務限定正社員等)の雇用ルールの明確化

●介護離職ゼロに向けた対策の強化

 ・介護休暇制度の更なる柔軟化

 ・介護をしながら働く労働者への情報共有の徹底

●日本で働く外国人材への「就労のための日本語教育」の枠組み整備

 ・企業支援(就労のための日本語教育)

 ・地方自治体支援(就労のための日本語教育)

 ・教育に関わる人材(担い手)の育成・確保

 ・教育内容の質の確保

●年休の取得しやすさ向上に向けた取組

<その他重要課題>

●副業・兼業、テレワークにおけるルールの明確化

 ・副業・兼業の促進

 ・テレワークの促進

 ・副業としての日雇派遣

<行政手続コストの削減のために重点的に取り組むべき事項>

●個人事業主の事業承継時の手続簡素化

●中小企業・小規模事業者を対象とする補助金、社会保険手続等の簡易なオンライン申請の実現

●保育所入所時の就労証明書作成手続の負担軽減

●行政手続の簡素化、オンライン化における地方自治体の先進的取組の横展開

これらの規制改革が、どのように具体化されていくのか、今後の動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<第46回規制改革推進会議/資料>

https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20190606/agenda.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録