お気に入りに追加

厚生労働大臣 全国社会保険労務士会連合会長宛に緊急要請

 塩崎厚生労働大臣は、全国社会保険労務士会連合会の会長に宛てて、「『過労死等ゼロ』実現に向けた緊急要請書」を送りました(今月7日付け)。  これによりますと、「貴団体におかれましては、これまでも『働き方改革』に向けた取組を行っていただいておりますが、長時間労働の削減等について、一層の努力をしていただくよう、改めて下記の事項について要請します」とし、36協定による時間外労働・休日労働を適正な水準とすること、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン(平成29年1月20日策定)」の遵守を徹底すること、メンタルヘルス対策の取組を推進すること、パワーハラスメントの予防や解決に向けた取組を継続的に行うこと、他の企業との取引を行うに当たっては納期の適正化を図る等の配慮をすることを要請しています。  そして、「今回の要請の趣旨を十二分にご理解いただき、貴団体ならびに傘下団体、傘下団体の会員である社会保険労務士を通じて、顧問先の事業場等への周知、啓発に向けたご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます」と締められています。 詳しくは、こちらをご覧ください。 ・「過労死等ゼロ」実現に向けた緊急要請書 http://www.shakaihokenroumushi.jp/LinkClick.aspx?fileticket=M9Ke6CxXgeU%3d&tabid=343&mid=722

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール