お気に入りに追加

いわゆる働き方改革関連法による労働基準法等の一部改正

2018/07/06

労基


時間外労働の上限規制、同一労働同一賃金の実現に向けた法整備などを盛り込んだ「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(いわゆる働き方改革関連法)」が成立しました。〔平成31年4月1日(一部は、公布の日、平成32年4月1日、平成35年4月1日)施行〕


時間外労働の上限規制などの主要な改正規定は、平成31(2019)年4月から順次施行されますので、各企業におかれましては、施行期日までに、必要な対応に迫られることになります。

※ この改正について、厚生労働省から、概要が公表されていますので、ご確認ください。

<働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の概要>

https://www.mhlw.go.jp/content/000308289.pdf


 


PSR正会員情報会員の方は各情報の詳細をご覧いただくことができます。

ログインしてください。

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録