お気に入りに追加

新型コロナウイルス対策 小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等の引上げ及び対象期間の延長を予定とお知らせ(厚労省)

厚生労働省から、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等の引上げ及び対象期間の延長についてお知らせがありました(令和2年5月26日公表)。

同省では、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者の皆様を支援するため、次の制度を創設し、令和2年2月27日から6月30日までの間に取得した休暇等について支援を行っています。
・正規雇用・非正規雇用を問わない助成金制度(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金)
・委託を受けて個人で仕事をする方向けの支援金制度(新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金)

今後、この助成金・支援金の上限額等の引上げ及び対象期間の延長を行う予定だということで、お知らせがありました。
<上限額等の引上げの概要(予定)>
○助成金の支給額:休暇中に支払った賃金相当額 × 10/10 
         1日当たり8,330円を支給上限 ⇒ 15,000円を支給上限
○支援金の支給額:就業できなかった日について、
         1日当たり4,100円(定額)  ⇒ 7,500円(定額)  

<対象期間の延長の概要(予定)>
○対象となる休暇等の期限
 令和2年6月30日まで ⇒ 令和2年9月30日まで
○申請期間
 令和2年9月30日まで ⇒ 令和2年12月28日まで

詳しくは、こちらをご覧ください。
<新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の上限額等の引上げ及び対象期間の延長について>
≫ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11498.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ