お気に入りに追加

厚労省のいわゆるブラック企業リスト 最近の動向は?

 厚生労働省では、平成29年5月末から、労働基準関係法違反の疑いで書類送検された国内企業の企業名・所在地・事案の概要などを公表しています。  「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として公表されているものですが、一般的には「ブラック企業リスト」などと呼ばれています。  初公表以来、原則的に毎月更新されています(企業名などが公表される期間は原則1年間)。    直近の更新は、平成30年4月20日。  この更新では、同年3月までの分として120社が追加された一方、公表日から1年が経過した企業などが削除され、公表企業は469社となっています。  詳しくは、こちらをご覧ください。 <労働基準関係法令違反に係る公表事案(平成30年4月20日更新)> http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf  なお、公表されてしまった企業の中には、書類送検を受けた後、積極的に働き方の改革を進め、イメージの巻き返しを図っている企業もあります。  たとえば、大手旅行会社(株式会社エイチ・アイ・エス)では、多様性を生み出す4つの働き方を導入したことをホームページでリリース。  前向きな話題として、多くの報道機関で取り上げられています。  大型連休の中日には、副業解禁の話題が報じられていました。  参考になる取組みがあるかもしれません。  詳しくは、こちらをご覧ください。 <多様性を生み出す4つの働き方を導入「楽しい職場づくり」の実現をめざして (株式会社エイチ・アイ・エス)> https://www.his.co.jp/material/pdf/n_co_20180420.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール