お気に入りに追加

「同一労働同一賃金」実務安心パック



「同一労働同一賃金」に向けた非正規社員への取り組みがいよいよ急務!

正規と非正規の「不合理な待遇差」って何? 正規と非正規の待遇差について、きちんと社員に説明できますか?

正規・非正規を巡る動き①<法律の施行>

大企業は2020年4月、中小企業は2021年4月から、
「同一労働同一賃金」が施行
すべての企業に対し、
正規社員と非正規社員について給与・手当・賞与・退職金・特別休暇等の処遇の違いについて説明責任が課されます

正規・非正規を巡る動き②<訴訟の増加と判決の傾向の変化>

同一労働同一賃金の施行に伴い、待遇に納得のいかない非正規社員からの訴訟は増加すると見込まれます。
そして、2018年6月1日の「ハマキョウレックス事件」「長澤運輸事件」の判決を経て、待遇差を巡る判決の傾向も変わってきています。

正規・非正規の待遇差を巡る近年の主な裁判事例

  • メトロコマース事件
    (退職金等の待遇差)
  • 大阪医科薬科大学事件
    (賞与等の待遇差)
  • 産業医科大学事件
    (基本給等の待遇差)
一審は待遇の多くに
ついて労働者側敗訴
[2018年6月1日]
ハマキョウレックス事件
長澤運輸事件

各種手当等の性格に応じて待遇の合理性を判断
(最高裁判決
2018年6月以降に出た高裁判決では3つの事案とも
待遇差の多くについて不合理とする労働者側に有利な判決に
※2019年10月現在いずれも最高裁で係争中


「同一労働同一賃金」は、厚生労働省よりガイドライン、約100ページ近い量になる取組手順書、リーフレット等、多くの情報が公開されているため、それらより、自社の対応を検討する必要があります。

正社員と非正規社員の待遇差をなくすために
求められること・・・
「不合理な待遇差」があると・・・

給与制度の変更による経営への影響を図るための人件費のシミュレーション、特別休暇等の見直しによる就業規則の改定、待遇説明のための書式等の準備・・・

早めに準備しなければ法施行までに間に合いません

裁判や労働局のあっせんで差額を請求される可能性もあります。仮に裁判となれば、勝っても負けても生産性のないムダな労力を費やすことに・・

「不合理ではないと説明できるように
  しておくこと」が大切です


具体的に何をどのようにすすめればよいのか?
自社において「不合理な待遇とは何なのか?」、「どのような待遇差は認められるのか?そのためにはどのように説明する必要があるのか?」を整理することが急務です。

まずは、正規と非正規の待遇差についての適切な理解と、社員への説明準備から
「同一労働同一賃金」実務安心パックにお任せ!

限られた時間の中でより効率的に対策を進められます。

 

PSR正会員向けの取扱いについて

本商品は企業向けに開発している商品のため、個人・士業・同業(コンサルティング、商業利用目的)の方のお申込みについてはお断りしております。

しかしながら今回は他の「実務安心パックシリーズ」同様、PSR正会員のみ特別にご提供できる形を2つご用意致しました。
それぞれの詳細は下の各ボタンよりご覧ください

PSR正会員の方のみ各情報の詳細をご覧いただくことができます。

正会員の方は、ログインしてください。

 

「同一労働同一賃金」実務安心パックの特長

特長

①Excelに入力するだけで『非正規社員への説明用の書式』を作成できる

法改正により、企業には雇い入れの際と、非正規社員から説明を求められた場合に説明責任が課せられます。
現在の雇用状況や待遇から、現時点での待遇差や改善の必要性がわかり、一覧で整理できます。

パック同梱のExcelのシートへ手順に従って、自社の雇用区分、勤務パターン、契約期間の定め等を入力していくことで、「待遇差について説明できる書式」を作成することができます。

CHECK! 
パック同梱のExcelには、どのような差が不合理となり、不合理とはならないかの解説付き。給与、賞与、退職金、特別休暇、福利厚生、教育訓練等に待遇差がある場合には、こちらを参考にしながら安心して対応を進められます。


②法改正・対応のポイントを解説したDVD付き

同一労働同一賃金を法改正から対応まで解説した、実務担当者向けのDVDを同梱しています。法やガイドラインが求める「同一労働同一賃金」の原則から対応までを理解することができます。(収録時間:1時間20分)

※正会員の方は定期便2019年10月号で配信されている「今から対応しないと間に合わない!「同一労働同一賃金」で求められる企業の対応とは?」と同じ内容となります。あらかじめご了承ください。

DVD内容 
①法改正のポイント
②均等待遇と均衡待遇の違い
③同一労働同一賃金ガイドライン
④説明責任義務への対応準備
※DVDとレジュメデータを同梱

開発者情報

北條 孝枝(ほうじょう たかえ)

株式会社ブレインコンサルティングオフィス / 社会保険労務士 / メンタルヘルス法務主任者

会計事務所で長年に渡り、給与計算・年末調整業務に従事。また、社会保険労務士として数多くの企業の労務管理、業務改善サポートやメンタルヘルス対策などを通し、現場に即したアドバイス、従業員のモチベーションを高める組織づくりに取り組んでいる。実務に即したわかりやすい解説には定評があり、「働き方改革」を筆頭に全国から多数の講演依頼がきている。
また、セミナーでの講演、顧問先への提案を通じて蓄積された実務ノウハウをもとに、すぐに業務で使える「実務安心パックシリーズ」など、商品開発においても全国の企業・社労士より好評価を得ており、年々、その活躍の幅を広げている。


 

セット内容と価格

セット内容

DVD 「同一労働同一賃金」で求められる企業の対応とは?(約1時間20分)
「同一労働同一賃金」実務安心パック
CD-ROM
  • 「同一労働同一賃金」で求められる企業の対応とは?」レジュメ(PDF)
  • 「同一労働同一賃金」 対応ツール
    ※エクセルデータ、入力・完成書式等、複数のシートを同梱
  • 就業規則規定例
  • 就業規則作成・変更届

価格

定価 80,000円(税抜)

 

PSR正会員向けの取扱いについて

本商品は企業向けに開発している商品のため、個人・士業・同業(コンサルティング、商業利用目的)の方のお申込みについてはお断りしております。

しかしながら今回は他の「実務安心パックシリーズ」同様、PSR正会員のみ特別にご提供できる形を2つご用意致しました。
それぞれの詳細は下の各ボタンよりご覧ください

PSR正会員の方のみ各情報の詳細をご覧いただくことができます。

正会員の方は、ログインしてください。

 

PSRネットワーク会員のご登録