お気に入りに追加

不合理な待遇差解消のための点検等 業界別マニュアルを公表

  厚生労働省から、「不合理な待遇差解消のための点検・検討  マニュアル(業界別マニュアル)」が公表されています。

   「働き方改革関連法」により、2020年4月から、正社員とパートタイム・有期雇用・派遣労働者との間の不合理な待遇差が禁止されることとなります(中小企業におけるパートタイム・有期雇用労働法の適用は1年遅れ)。

    このマニュアルは、法改正に備えて、パートタイム・有期雇用労働者等の数又は割合が高い業界(スーパーマーケット業、食品製造業、印刷業、自動車部品製造業、生活衛生業、福祉業、労働者派遣業)について、企業が円滑に取組を進めることができるように作成されたものです。
    また、上記7業界に加え、「業界共通編」も作成されています。

   このマニュアルにおいては、「働き方改革関連法」に沿って不合理な待遇差を解消し、雇用形態に関わらない公正な待遇を実現するための考え方と具体的な点検・検討手順が詳細に解説されています。

    詳しくは、こちらをご覧ください。
<不合理な待遇差解消のための点検・検討  マニュアル(業界別マニュアル)>

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03984.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール