お気に入りに追加

生産性の向上の官民会議について加藤大臣の記者会見での発言

平成29年5月23日、生産性の向上の官民会議について加藤大臣は記者に質問に対し、次のような主旨の発言をしました。 「働き方改革を進めていくうえで、生産性向上は非常に大切な観点であり、長時間労働是正をしつつ、残業を生活給にしている方々の実質的な所得が減らないような対応が必要だとの指摘もあった。 生産性をあげながら、労働時間を短縮し、人手不足に対応するためにも働き方改革を進めていくことが重要である。サービス産業5分野で既に個別に具体的に生産性向上に取り組んできたことを広く共有していくうねりを作っていくことが大切である。 官民会議については、「働き方実現会議」のようなものを想定しているわけではない。」 加藤大臣の発言については、以下からご覧いただけます。 政府インターネットTV加藤大臣閣議後記者会見 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg15425.html?t=151&a=1

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録