お気に入りに追加

青少年雇用対策基本方針を策定(厚労省)

厚生労働省は、令和3年3月29日、今後5年間にわたる青少年の適職の選択ならびに職業能力の開発や向上に関する施策の基本となる方針を示した「青少年雇用対策基本方針」を策定しました。

新型コロナウイルス感染症の影響の下で、社会全体のデジタルトランスフォーメーションの加速化や、人生100年時代の到来による労働者の職業人生の長期化、働き方の多様化の進展による雇用慣行の変化など、青少年を取り巻く環境が大きく変化していくことが予想されます。

そうした中で、入職後早期に離転職する青少年に対するキャリア自律に向けた支援や、キャリアコンサルティングをより身近に受けられる環境整備などについて今後の若年者雇用施策の柱として位置づけるとともに、若年者雇用施策の方向性を定めたということです。

同省では、この基本方針に沿って、今後の若年者雇用施策を展開していくこととしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<青少年雇用対策基本方針を策定しました>
≫ https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00012.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

PSRパブリシティ
動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ