お気に入りに追加

一層厳しくなる!時間外労働の上限規制(その3)

2019/05/24

コラム

 今回も前回に引き続き、時間外労働の上限規制についてですが、今回は「労働時間の把握方法」をテーマに述べていきます。

1. 労働基準法(以下「労基法」)における「労働時間」とは

 ご承知のとおり、労基法上「労働時間」については第32条に規定されています。同条第1項は1週間について40時間を超えて労働させてはならないこと、第2項は1日につき8時間を超えて労働させてはならないことが規定されているだけで、同条ではどのような状態(状況)が労働時間なのかは一切規定されておりません。では、「労働時間であるにもかかわらず賃金が不払いなので支払いなさい。」という労働基準監督官の指導・勧告は何に基づいてなされているのでしょうか。

 

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール