お気に入りに追加

働き方改革特集 時間外労働の上限規制

2018/10/19

特集


時間外労働の上限規制

Ⅰ 改正の全体像

1か月45時間、かつ年360時間というこれまでの時間外労働の限度基準が罰則の適用の無い大臣告示という位置付けであったのに対し、改正後は、法律に格上げされ、罰則による強制力を持たせるようになります。
上限規制には、「原則」と「例外」があり、これまでの36協定の基本条項・特別条項に例えて考えていくと理解しやすいです。

現行法と改正後を比較しながらご覧ください

 

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール