お気に入りに追加

K運輸商事事件

2018/08/13

コラム

福岡地方裁判所小倉支部平成30年2月1日判決

事案の概要

原告らは被告会社で期間の定めのある従業員として勤務していた。期間の定 めのある従業員に対する通勤手当は期間の定めのない従業員(正社員)の半額 とされていた。

このことから、通勤手当が正社員の半額であることは労働契約法20条に反 するとして差額の支払を求めて訴えを提起した。

 

 

PSRネットワーク会員のご登録