お気に入りに追加

平均寿命 男女とも過去最高を更新

2019/07/31

調査・統計

厚生労働省から、「平成30年簡易生命表の概況」が公表されました(令和元年(2019年)7月30日公表)。

簡易生命表は、日本にいる日本人について、対象となる1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表したものです。

これによると、平成30年(2018年)における平均寿命(0歳からの平均余命)は、男性81.25歳、女性87.32歳となり、いずれも過去最高を更新しました。
前年と比べると、男性は0.16歳、女性は0.05歳延びています。

 厚生労働省では、「医療の進歩で、悪性新生物(腫瘍)、心疾患、脳血管疾患及び肺炎の死亡率が低下したことや、健康志向の高まりが要因ではないか」と分析しています。

 この平均寿命を国・地域別でみると、男性は世界3位、女性は世界2位で前年と同じ順位となっています。
ちなみに、世界1位は男女ともに香港で、男性は82.17歳、女性は87.56歳となっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<平成30年簡易生命表の概況>
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life18/index.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール