お気に入りに追加

厚労省 平成28年の労働災害発生状況を公表、死者数は過去最少

2017/05/22

調査・統計

 厚生労働省は19日、「平成28年の労働災害発生状況」を公表しました。  概況は次のとおりです。 ・死傷者数 117,910 人 (前年同期比 +1,599 人、1.4%増加) ・死亡者数 928 人 ( 同 △44 人、4.5%減少)  業種別にみると、死傷災害・死亡災害ともに、製造業と建設業で多く生じていますが、建設業では、いずれの災害の発生も減少傾向にあります。  なお、死傷災害については、第三次産業でも、死傷者数が54,280人と、前年同期比で3.8%増加しています。厚生労働省では、「店舗や施設に安全衛生担当者がいないなど体制が脆弱」であるとして、本社への指導や啓発活動を強化しているところです。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <平成28年の労働災害発生状況(確定)> http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/dl/16_kakutei.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録