お気に入りに追加

厚労省 「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」を設置

 厚生労働省は、今年3月に決定した「働き方改革実行計画」(働き方改革実現会議決定)を受けて、「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」を設置しました。 〔確認〕勤務間インターバル制度……各企業において、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の休息時間を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保しようとするもの。厚生労働省では、「職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」を設けるなどして普及を図っていますが、導入している企業はまだ少数にとどまっているが現状です。   この検討会では、次の事項を中心に検討を行うこととされています。 ・国内における勤務間インターバル制度の導入状況などの実態や課題の把握 ・諸外国における勤務間インターバル制度と運用状況の把握 ・ 勤務間インターバル制度導入促進を図るための方策  近く、第1回目の会議が開催される模様です。  検討結果などが公表されましたらお伝えします。  検討会の設置について、詳しくはこちらをご覧ください。 <「勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」を設置しました> http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000163742.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録