お気に入りに追加

平成29年度予算案 衆院通過、年度内成立へ

2月27日、国会の衆議院本会議において、平成29年度予算案が可決され、衆議院を通過。参議院に送付されまた。参議院での審議を残していますが、憲法の衆議院優越の規定により送付から30日後に自然成立するため、事実上、年度内の成立が確定しました。 予算規模は、5年連続で過去最大を更新。平成29年度の当初予算は、97兆4,547億円となる模様です。 今後、厚生労働省においても、予算案を具体化する動きが活発になりそうです。 特に、企業、労働者、求職者などを助成する制度の新規創設・拡充が気になるところです。そのような制度の詳細も明らかになってくると思われます。 参考までに、厚生労働省のうち職業安定局の予算案の概要を紹介しておきます。 「働き方改革」の推進などを通じた労働環境の整備・生産性の向上などを目的として予算が組まれています。  <厚生労働省職業安定局の平成29年度予算案の概要> ・

http://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/17syokanyosan/dl/gaiyo-06.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール