お気に入りに追加

ベネフィットワン企業年金基金

ベネフィットワン企業年金基金

ベネフィット・ワン企業年金基金とは

  • ベネフィット・ワン企業年金基金とは、公的年金制度の上乗せとして位置づけられる確定給付企業年金法に定められた基金型確定給付企業年金です。
  • 業種を問わず、幅広い企業にご加入いただける制度です。
  • 退職金の資金準備としてもご利用いただけます。

基金の詳細は、こちらをご覧ください。

【ベネフィット・ワン企業年金基金】

(ベネフィット・ワン企業年金基金ウェブサイトへジャンプ)

ベネフィットワン企業年金基金
項目 確定給付企業年金(DB)
役員の加入 加入できる
加入可能上限年齢 会社が負う
運用リスク 会社が負う
運用が不調となった場合 原則将来の受給額は減らない会社が追加の掛金を負担する
掛金上限額 なし
受給時期 退職時または将来年金で受給するか選択が可能
投資教育 必要なし
懲戒事由による給付制限 規約により最高100%を不支給
その他 積立不足が発生しにくいキャッシュバランスプランあり

 

項目 ベネフィット・ワン企業年金基金
加入要件
  • 厚生年金保険の適用事業所である
  • 原則直近2期連続で営業利益が黒字であること(直近2期連続赤字でないこと)
  • 厚生年金保険料の未納がない
制度設計について
(退職金制度の資金準備と選択制)
  • 「退職金制度の資金準備」もしくは「選択制確定給付企業年金」のどちらかのみで加入。併用は不可。

【選択制について】

  • 選択制の導入は、厚生年金被保険者300名以上の企業が対象。
  • 厚生年金被保険者50名以上300名未満の企業は、完全選択制の導入は不可。退職金制度と関係なく会社が厚生年金被保険者全員に各1,000円以上を拠出し、そこに従業員の選択部分を加算する全員加入型の選択制の導入が可能。
  • 厚生年金被保険者50名未満の企業は選択制の導入一切不可(退職金制度の資金準備としてのみの導入可能)。
キャッシュバランスプラン

キャッシュバランスプランとは、給付額を計算する方法のひとつです。給付額を国債利回りなどの指標と連動させながら決定する仕組みとなっているため、運用環境の動向により従業員の受取額がかわります。
再評価率が毎事業年度見直されます。

【再評価率の決定方法】
10年国債の応募者利回りの5年平均と3年平均のいずれか低い率
(上限:4.5% 下限:厚生労働大臣の定める率)

制度導入コンサルティング

選択制を導入する場合は、必ずオリックス株式会社に委託していただきます(制度設計費用100万円~)。

退職金制度の資金準備のみの設計は、社労士の先生でコンサルティングしていただくことも可能です。その場合のコンサルティング費用は20万円(税別)以上での受注をお願いします。またオリックス株式会社に委託していただくこともできます(費用30万円~)。

初期導入費用(税別)
支払先:オリックス

100,000円(1法人あたり)

事務費掛金(非課税・月)
支払先:基金事務局
  • 1~50人までの部分 800円/月額(1名あたり)
  • 51~100人までの部分 500円/月額(1名あたり)
  • 101人以上の部分 400円/月額(1名あたり)
ご紹介フィー(税別)

1,500円(法人加入時の加入者数1名あたり・1回のみ)

※注意※
社会保険料や税金の削減を目的とした加入提案は絶対に行わないでください。
また社会保険料や税金の削減を目的とした場合は、制度実施できません。あらかじめご了承ください。

 

お問い合わせやお申し込みはPSR正会員のみご利用できます。

正会員の方は、ログインしてください。

以下よりご案内用資料がダウンロードできます。

ベネフィット・ワン企業年金基金リーフレット

PSR正会員ログインが必要です

ベネフィット・ワン企業年金基金&選択制の提案書

PSR正会員ログインが必要です

PSR会員向け 導入の手引き ※取扱注意

PSR正会員ログインが必要です

PSRネットワーク会員のご登録