お気に入りに追加

社労士として知っておくべき財務諸表の読み方

 

ただの「手続きの人」に終わらないために、社労士も「会社の数字」を読めるようになるべき時代です!

PSRでも過去に「会社の数字」に関するセミナー・DVDを複数制作してきましたが、今回は、
「とにかく分かりやすく、決算書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書の読み方を解説する」
という趣旨で、DVDを作成しました。

講師は、企業向けにも数多くのセミナーを開催されている公認会計士・望月明彦先生です。

DVD撮影に立ちあったPSRスタッフが、「財務諸表を扱ったセミナー・DVDのなかで、一番シンプルで、分かりやすかった」と絶賛する内容になっています。

社労士は「会社の数字」に関する専門家ではありませんから、あまり踏み込んだところまで理解することは目指していません。

しかし、財務諸表の基礎的な知識があれば、顧問先の成長性や安全性など経営状況を理解し、社長と共通認識の下で話ができるようになります。

それこそが社労士にとって、大きな強みになるはずです。

今まで「会社の数字」の勉強でつまづいたことのある先生も、このDVDでリベンジを果たしませんか?

 

本編映像の一部をご覧いただけます

 

DVD内容

 1.“決算書”とは何を指すのか?

 1)決算書とは何を指しているのか?
 2)決算書をどうやって入手するのか?
 3)P/L・B/Sとは何か?

2.“損益計算書”を読めるようになろう!

 1)「5つの利益」の意味は?
 2)会計と税務の関係は?
 3)赤字がはじまる利益が違うとき、各社の課題は?

3.“貸借対照表”を読めるようになろう!

 1)「5つの箱」の意味は?
 2)「純資産」が大きいことはいいことか?
 3)なぜ「資産=負債+純資産」なのか?

4.“キャッシュ・フロー計算書”を読めるようになろう!

 1)家計はうまく回っているのか?
 2)キャッシュ・フローの理想形は?

 

講師

望月明彦(もちづきあきひこ)氏

公認会計士 望月公認会計士事務所代表
監査法人トーマツ、上場企業の経営企画部長、アーンストアンドヤング
(日本法人)のM&Aチームなどを経て、2010年に望月公認会計士事務所を開業。
現在、上場企業の監査役、投資ファンドの監査役、NPO法人日本交渉協会常務理事。
 
早稲田大学政経学部卒業
慶応義塾大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)修了
日本公認会計士協会 東京会 研修委員会 副委員長(2010-2014年)
経済産業省コンテンツファイナンス研究会 委員(2002-2003年)

 

ご購入はこちら

タイトル 社労士として知っておくべき財務諸表の読み方
価格 PSR正会員   29,700円(税込)
情報会員・一般 38,500円(税込)
備考 商品は11/1より順次発送となります。あらかじめご了承ください。

  • 制作 : 2020年8月
  • 収録時間 : 約95分
  • 内容:DVD1枚、印刷レジュメ

【ご確認ください】

  • 商品内容は制作時の情報となります。その後の法改正等は反映されていません。あらかじめご了承ください。
  • ※DVDを購入する方へ
    DVDを再生するためのアプリがパソコンにインストールされていない場合、ご自身で再生環境を用意する必要があります。
    パソコンでのご視聴を予定されている方はご自身のパソコンでDVDが再生可能かどうかを必ずご確認の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

販売コンテンツ一覧に戻る

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ