お気に入りに追加

ハラスメントに関する実態調査を公表(連合)

2019/05/29

調査・統計

連合(日本労働組合総連合会)から、「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」が公表されました(令和元年(2019年)5月28日公表)。

この調査は、2019年5月8日~5月9日の2日間、インターネットリサーチにより実施。全国の20歳~59歳の有職男女(自ら起業した者や経営者、自営業者などを除く)1,000名の有効サンプルを集計したものです。

調査結果のポイントは次のとおりです。
●職場におけるハラスメントについて

・「職場でハラスメントを受けたことがある」という回答が全体の38%

・受けたハラスメントの行為類型は「脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言などの精神的な攻撃」が41%

・職場でハラスメントを受けた女性の38%がセクハラ被害者

●就職活動におけるセクシュアル・ハラスメントについて

・「就活中にセクシュアル・ハラスメントを受けたことがある」と回答した人の割合は、20代男性の21%がもっと多い

・就活中に女性が受けたセクハラは「性的冗談」、「執拗な誘い」、「身体への接触」などが多い傾向

詳しくは、こちらをご覧ください。
<「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」を掲載しました。(世論調査)>
https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20190528.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール