お気に入りに追加

介護職員の賃上げの促進を検討

  厚生労働省から、平成30年12月12日開催の「第166回社会保障審議会介護給付費分科会」の資料が公表されました。
 
   平成31(2019)年10月に予定される消費税率10%への引き上げ時に実施する介護人材の処遇改善に関する資料が示されています。
 
   その処遇改善については、少なくとも1人のベテラン介護福祉士対し月額8万円以上の賃上げを実施するか、年収を440万円以上にした事業者を対象として、報酬を加算する方向で検討が進められるようです。
 
   政府は、介護サービスを提供する事業者が受け取る報酬を加算することで、段階的に賃上げを実施しようとしていますが、介護職員の平均給与は低く、さらなる改善が課題と言えそうです。
 
   詳しくは、こちらをご覧ください。
 
<第166回社会保障審議会介護給付費分科会/資料>

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録