お気に入りに追加

介護職員 2025年度に約32万人不足 2040年度には69万人不足(厚労省)

2021/07/12

調査・統計

厚生労働省から、「第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数」が公表されました(令和3年7月9日公表)。

第8期介護保険事業計画の介護サービス見込み量等に基づき、都道府県が推計した介護職員の必要数は、次のとおりとされています。

●2023年度には約233万人(+約22万人)

●2025年度には約243万人(+約32万人)

●2040年度には約280万人(+約69万人)

※ (  )内は2019年度の211万人との比較

 報道でも、「介護職員 2040年度に69万人不足」などとして、大きく取り上げられています。

国においては、➀介護職員の処遇改善、➁多様な人材の確保・育成、➂離職防止・定着促進・生産性向上、➃介護職の魅力向上、➄外国人材の受入環境整備など総合的な介護人材確保対策に取り組むこととしています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000207323_00005.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ