お気に入りに追加

望月流 評価制度の作り方

 

望月人事クラブの望月先生は、「コンピテンシーは、評価よりも研修に使った方が効果が上がる」という考えをお持ちです。


しかし、せっかく研修で「コンピテンシー」を作ったのなら、実行している人を評価する仕組みも導入したい、と考えるのも当然です。

「望月先生の評価制度についての講座も是非作って欲しい」
というご要望も、望月人事クラブ生・PSR会員からたくさん頂いていました。

そこで一昨年初めて、「望月流 評価制度の作り方」講座を開催致しましたが、今年はこの講座を、人事クラブ生以外にも解放します!

「組織活性・業績アップコンサルタント養成講座」に参加された先生は、是非、望月先生の「コンピテンシー」の応用方法をこの講座で学び、さらに業務の幅を広げてください!

 

望月先生からのメッセージ

現在「働き方改革」という国策のもと、評価制度バブルが起きています。

中小企業でも、その会社にぴったりフィットした評価制度を導入すれば、生産性向上に大きく、寄与できるという主張です。

実際、望月の関与先である株式会社あしたのチームでは、すでに1000社の中小企業に評価制度を導入しています。先生も、このチャンスを逃す手はないはずです。

いままで「人事クラブ」では、教育に特化し、あえて評価については、講義の中から割愛していました。しかし、上記の背景からか、『コンピテンシーを使って、どういう評価制度を提供しているのですか?』という質問が数多く寄せられるようになりました。よって、今回の開講となりました。

この講座は1日かけて、望月が行っている「評価制度の作り方」のエッセンスをお伝えするものです。

動画公開中!

※2017年8月22日に開催した「望月人事クラブ事例発表会」にて
 今回のセミナーの話題が出ましたので編集したものを公開しています。

 

講座内容

はじめに

  • モデル制度の提示
    ①評価の2軸~プロセスと成果を評価。プロセス評価にコンピを活用!
    ②評価と教育の連動
    ③多様性と生産性の両立~ミニコース別人事制度の導入

1.資格制度

  • 各等級制度のメリット・デメリット

2.評価基準

  • 評価の2軸
    → ①プロセス→1 できる・・・スキルアップ
           →2 している ・・コンピテンシー 
    → ②成果  →3 やったこと・・・・切り口が大事
  • コンピ選択のやり方
  • コンピ評価のやり方
  • 成果は、目標設定から結果設定へ

3.処遇反映

  • 各給与制度のメリット・デメリット
  • 事例紹介
  • チェックシートで考える

4.ミニコース別人事制度

  • 事例紹介
  • マトリックスで考える

5.評価リフォーム~全面改訂より「リフォーム」提案をする。
 サッと作って、運用しながら変化につなげる。

  • 事例紹介
  • 個人ワーク

6.まとめ

 

講師

人事政策研究所 望月禎彦先生

●有限会社 人事政策研究所 代表
●中小企業大学校講師

1960年生まれ。立教大学卒業後、ユニ・チャーム株式会社にて営業を経験後、人事部にて採用、研修の実務を経験。92年独立。支援先を中堅企業に絞り、支援先企業が人事政策面で1人立ちできるよう徹底的に指導するのが特徴。「行動」をベースにした独自の理論を駆使し、『できる人』を着実に増やし、成果につなげる。実際の支援先は25年間で300社を超える。
2000年には、そのノウハウを結実させたソフトウエア『コンピテンシーマスター』を、2010年には、人事評価ASPシステム『コンピリーダー』を開発し、ユーザー数は累計700企業にのぼる。その導入先は上海、台湾にも及んでいる。
また講演では、コンスタントに年間1,000名超の経営者/マネージャーに実践ノウハウを提供。2011年には、20年間のノウハウを体系的に提供する塾形式の『望月人事クラブ』を主宰し、全国各地に『出来る人を増やす』活動を推進している。


開催概要

セミナータイトル 望月流 評価制度の作り方
講師 望月禎彦先生
選択 開催日時 開催場所 会場 受講料
2019/08/27 (火)
10:30~17:30
東京 ブレインコンサルティングオフィス セミナールーム
千代田区神田神保町1-26 アイピー第2ビル
望月人事クラブ会員
10,800円(税込)
PSR正会員
86,400円(税込)
情報会員・一般
129,600円(税込)
お申し込みの前に必ずセミナーキャンセルポリシーをご確認ください。

セミナー一覧に戻る

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール