お気に入りに追加

夜勤時間帯における割増賃金算定基準

2023/11/13

コラム

社会福祉法人A事件
千葉地方裁判所令和5年6月9日判決

事案の概要

本件法人は福祉サービスを業とする法人であり、グループホームを運営していた。原告はその法人に勤務していた。

勤務はシフト制で、原告は午後3時から9時まで、その後泊まりで翌朝午前6時から10時までの勤務であった。宿泊に関しては6000円の手当が支給されていた。

本件では宿泊時間が勤務時間に該当するか、そして時間外労働が認められた場合の割増賃金を基本給ベースで計算すべきと主張して本件となった。

 

記事

1 2 3 4 5 6 7

68(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ