お気に入りに追加

令和元年平均の有効求人倍率 10年ぶりに低下し1.60倍

厚生労働省から、「一般職業紹介状況(令和元年12月分及び令和元年分)」が公表されました(令和2年1月31日公表)。
報道などでも話題になったのは、令和元年平均の有効求人倍率です。
令和元年(2019年)平均の有効求人倍率は1.60倍となり、前年の1.61倍を0.01ポイント下回りました。
前年を下回ったのは、リーマン・ショック直後の平成21年(2009年)以来10年ぶりということです。
米中貿易摩擦の影響で、製造業などで募集人数を絞る動きが進んだことが背景にあるといわれています。
また、総務省が同日発表した労働力調査では、2019年平均の完全失業率が2.4%であったことが公表されています。
こちらは前年と同じ率となっています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
<一般職業紹介状況(令和元年12月分及び令和元年分)について(厚労省)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00004.html
<労働力調査(基本集計)2019年(令和元年)平均(速報)(総務省)>
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/index.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信