お気に入りに追加

内閣府の政策課題分析 フリーランスがテーマに

内閣府から、「日本のフリーランスについて-その規模や特徴、競業避止義務の状況や影響の分析-(令和元年(2019年)7月24日) 」が公表されました。

これは、多様で柔軟な働き方として、特定の組織等に属さず、独立して様々なプロジェクトに関わり自らの専門性等のサービスを提供するフリーランスへの関心が高まっていることを受け、その規模や特徴について分析を行ったものです。
あわせて、円滑な労働移動と個人の能力・技能の発揮の観点から、米国を中心に研究が進む競業避止義務に焦点を当て、米国と比較しつつ、その状況、労働移動や賃金に与える影響について分析を行っています。

米国との比較では、フリーランスを本業とする者は、日本では米国の4割程度。
競業避止義務(退職後・契約終了後に、競合企業への転職、競合企業の立上げを制限・禁止すること)については、日本と米国であまり差がない。
などと分析されています。

興味があればご覧ください。
<日本のフリーランスについて-その規模や特徴、競業避止義務の状況や影響の分析->
https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-0.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録