お気に入りに追加

国家公務員に冬のボーナス支給 平均支給額は前年比5%減の65万3,600円

 令和2年12月10日、国家公務員に冬のボーナス(令和2年12月期の期末・勤勉手当)が支給されました(内閣人事局より発表)。

 支給月数(成績標準者)は2.17月相当であり、一般職国家公務員(管理職を除く行政職職員)の平均支給額(成績標準者)は約65万3,600円ということです。

 昨年同期の期末・勤勉手当額は、約68万7,700円であり、本年は約34,100円(約5.0%)減少しています。

 これは、次の要因によるものと説明されています。

①本年の人事院勧告に基づく給与法の改正により、支給月数が0.05月引き下げられたこと

②職員の平均年齢の低下(35.0歳→34.6歳)等により平均給与額が減少したこと など

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<内閣人事局「令和2年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」>
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/pdf/r02_bonus_dec.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信
専門特化型クラブ