お気に入りに追加

一般労働者の平均月給0.5%増 過去最高(令和元年賃金構造基本統計調査)

2020/04/02

調査・統計

 厚生労働省から、「令和元年 賃金構造基本統計調査 結果の概況」が公表されました(令和2年3月31日公表)。 

今回公表された内容は、全国及び都道府県別の賃金について、有効回答を得た10人以上の常用労働者を雇用する民間事業所(47,148事業所)について集計したものです。

なお、今回から、外国人労働者の賃金も集計されています。

 調査結果のポイントは次のとおりです。

●一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の賃金

  • ・男女計 307,700円(前年比 0.5%増)
  • ・男 性 338,000円(同 0.1%増)
  • ・女 性 251,000円(同 1.4%増)

 ※男女間賃金格差(男=100)は、女=74.3(前年73.3)で、1.0ポイントの縮小となっており、比較可能な昭和51年調査以降で最小。

●短時間労働者の賃金(1時間当たり)

  • ・男女計 1,148円(前年比 1.8%増)
  • ・男 性 1,207円(同 1.5%増)
  • ・女 性 1,127円(同 2.0%増)

●雇用形態別にみた賃金(雇用形態間賃金格差)

  • ・雇用形態間賃金格差(正社員・正職員=100)は、正社員・正職員以外が男女計で64.9(前年64.6)となっており、若干改善。

●外国人労働者の賃金(月額又は1時間当たり)

  • ・一般労働者のうち外国人労働者の賃金(月額) 223,100円
  • ・短時間労働者のうち外国人労働者の賃金(1時間当たり) 1,068円

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和元年 賃金構造基本統計調査 結果の概況>

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ