お気に入りに追加

PSRお薦め適性検査 アドバンテッジインサイト


採用時に知りたい、メンタル不調のリスクを測る適性検査

ストレス耐性×コミュニケーション能力(EQ能力)×コンピテンシーで、
多角的にストレス耐性を測定できる適性検査

※アドバンテッジ インサイトは株式会社アドバンテッジリスクマネジメントの適性検査になります。

アドバンテッジ インサイトの特徴

メンタルヘルス業界No.1のアドバンテッジの採用適性検査「アドバンテッジ インサイト」は
「ストレス耐性」「EQ能力」「コンピテンシー」
の3つの項目から、個人の可能性を見つけ出します。

 

ストレス耐性を数値化

近年、若年層のメンタル不調による休職・離職が増えているため、採用適性検査で見極めたいとする企業が増えています。それに伴い、“ストレス耐性”に焦点をあてた様々な検査が存在しますが、検査項目にストレス耐性という項目があるかどうかだけでなく、「ストレス耐性モデル」に注目し、総合的にストレス耐性が判断できるかが重要です。

アドバンテッジ インサイトは、「現在のストレス状態」「ストレスを強める側面」「ストレスに対処する力」「ストレスを緩和する力」まで明らかにします。

①「現在のストレス状態」を測る

その人の「現在のストレス状態」は、置かれた状況により変わりやすい項目です。しかし、現在受検者がどのような状態なのかを確認することで、面接の印象の原因を明確にし、ふさわしい質問内容を構築することにつながります。また、採用後のフォローやマネジメントを適切に行うことができる素材となり得ます。

 

②「ストレスを受ける前の強さ(ストレスの感じやすさ)」「ストレスを受けた後の強さ(コントロール力)」の両面からリスクを測る

ストレスに対するコントロールや対処する能力が高くても、ストレスを感じやすい性格の場合、メンタル不調を招くリスクが増加してしまいます。「ストレス耐性」を測る適性検査は、ストレスを「受ける前」と「受けた後」の強さについて、両面から測ることが重要です。

 

コミュニケーション力を”性格”ではなく”能力”で測る、EQ指数

「アドバンテッジ インサイト」は、コミュニケーション力の基本となる対人関係能力(EQ)を客観的に測ることができます。

ストレス原因のほとんどが、人間関係によるものであると言われています。感情は人が行動する際に大きな影響を与えており、特に人とコミュニケーションを取る際には、感情が強く働いています。EQ能力の高い人材は、適切なコミュニケーションが取れるため、人間関係のトラブルを招きにくく、結果、ストレス過多になるリスクが低いともいえます。

アドバンテッジインサイトでは、EQを「感情の識別」「感情の利用」「感情の理解」「感情の調整」という4つの指標で数値化します。検査結果を見ると、その人が「状況や相手の気持ちを理解して、その場にふさわしい行動がとれるか」が分かります。

 

EQ能力とは?

EQ(Emotional Intelligence Quotient)とは、感情に関する知能指数のことです。知能指数・IQ対して、「こころの知能指数」と呼ばれるEQは、1990年に米国の心理学者ピーター・サロベイ博士とジョン・メイヤー博士によって提唱されました。

EQが高い人材は、ネガティブな気持ちを抑えたり、ポジティブな気持ちを意図的に引き出したりしながら、時と場に応じてふさわしい行動を作り出すことができます。EQが高い人材は、感情に揺さぶられることなく、成果につながるための最適な感情を生み出し、また相手の気持ちを理解して、その場にふさわしい行動を取ることができます。

 

コンピテンシーと知的能力

コンピテンシーで行動の発揮度合いも把握することができます。
即戦力になりうるかどうかを、潜在的なEQ能力と顕在化しているコンピテンシー を掛け合わせることで見極めます。

また知的能力では、ビジネスで相手や周囲と的確な交渉や対応を行うために必要とされる「言語・論理」「数理・推論」の2側面について把握できます。

 

結果表サンプル

結果のフィードバックポイント

 

数値化による「総合指標(結論)」で客観的に判断

アドバンテッジ インサイトは、分析した能力値を、分かりやすく数値・偏差値で表します。

偏差値が高いほど望ましい結果となります。「能力評価」を客観的な指標で出すので、見方が分かりやすく、面接官による基準のギャップを埋めることができます。結果がわかりやすいことは、限られた採用プロセスで人材を見極めるためにも重要なポイントです。

>>画像クリックで拡大できます

 

面接や教育に活用できるオプションサービスを用意

オプションで、採用面接で使える「面接間サポートツール」と、内定者教育・早期離職防止対策に使える「本人用フィードバックツール」を用意しています。

面接官シート EQ能力およびコンピテンシー
フィードバックレポート
ストレス耐性
フィードバックレポート

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

面接官シートには、面接で確認したい点も記載されています。さらに「面接質問集」もついているため、検査結果を活かし、何をどう面接できいたらいいのかも分かりやすくなっています。

 

診断内容・カテゴリーの表

【検査項目と検査時間】
インサイトの検査項目ごとの標準的な検査時間です。

知的能力 言語能力 18問 10分
数理・推論 15問 20分
EQ ※ EQ能力 60問 23分
コンピテンシー 90問 12分
ストレス ※ 潜在的なストレス耐性 77問 10分
現在のストレス耐性
合計 269問 75分

 

※EQは、感情をうまく使いこなす能力をもっているか(4項目)、またどのくらいEQ発揮しているか(6項目)から把握。

※ストレスは、潜在的なストレス耐性(17項目)とストレス状態(5項目)から把握。

 

実施する検査項目(A~D)は、目的に応じて選択、また組み合わせる事が可能です。すべて受検した場合は、検査時間は75分と長くなりますが、その分、様々な角度から受検者の能力や特性が明らかにされます。

 

受検方式

【検査実施方法】
検査の実施方法は、「WEB受験」「紙受験」から選択可能です。

WEB受験  紙受験

料金、詳細の流れ、お問い合わせはPSR正会員のみご利用できます。

正会員の方は、ログインしてください。

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール