お気に入りに追加

管理監督者該当性が争われた事例

2019/08/19

コラム

日産自動車事件

横浜地方裁判所平成31年3月26日判決

 

事案の概要

原告は、被告の元従業員の相続人である。元従業員は本社で職務中に脳幹出血で死亡した。
原告は、被告に対して元従業員は、労働基準法41条2号の管理監督者に当たらないと主張し、未払い残業代の支払いを請求した。
元従業員は課長級の管理職であり(プロダクトマネージャー)、経営に関する規格の立案管理等を行う部署に勤務していた。なお企画等の決定は上司である部長級(プロジェクトダイレクター、PD)の職員の監督するなかで行われていた。

 

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール