お気に入りに追加

従業員が会社の下請け業者と私的な取引を行い、トラブルになっていることを理由に、解雇することはできますか?

 

相談内容

従業員の解雇に関する相談です。
顧問先の従業員が、会社の下請け業者に自宅の工事を発注し、その支払いをせず、トラブルになっています。

【経緯】
・従業員が発注を担当する下請け業者(優位的な立場)
・会社に無断で、数十万円の自宅の工事を発注した
・当該下請け業者が請求書を送付するも支払いをしていない
・この件の発覚後、会社が本人を追及すると支払ったとの虚偽報告を行う(支払いをしていないにもかかわらず、当該下請け業者に「領収証」を発行させ、会社に提出した)
・金銭等の不正受領等はない
・懲戒処分歴はない
・本人は「法的には問題ない」という認識である

退職勧奨による合意退職の方向で進めていこうと考えていますが、応じない場合には解雇も検討しています。この方針で問題ないかアドバイスをお願いいたします。

 

記事

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

119(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ