お気に入りに追加

休職期間満了雇止めが無効となった事例

2022/08/12

コラム

横浜地方裁判所令和3年12月23日判決

事案の概要

 原告は被告会社に勤務している者であるが、業務中に泣き出したり、指示を出しても会話が成立しない、届け出もなく残業を行うなどの行動が続き、産業医同席のもと会社と面談した。平成27年12月19日、クリニックを受診し、適応障害と診断され、有給等を利用したのちに同28年3月26日に29年7月25日までの会社は病気による休職を命じた。その後約15か月延長したが、30年10月31日で復職不可と判断し自然退職とした。

 これを争ったのが本件である。

 

記事

1 2 3 4 5

48(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ