お気に入りに追加

中小企業の事業承継に備えて

2018/05/31

コラム

 子・親族や従業員などの後継者に会社の事業を受け継がせる手続のことを事業承継と呼んでいます。会社(事業)は永続することが前提にあり、そのためには経営者のスムーズな交代を検討しておくことがとても重要になります。

 後継者は、現経営者の家族や親族あるいは従業員など様々ですが、事業承継で大切なことは、会社の支配権(株式・株主総会での議決権)を後継者に集中させること、事業用資産を分散化させないこと、の 2 点にあります。

 代表的な事業承継の類型としては、次の 3 つの方法があります。

 

PSRネットワーク会員のご登録