• HOME
  • 令和3年度 電子申請未利用事業場訪問アドバイザー事業

「e-Gov」を利用した電子申請の利用促進を図る、訪問アドバイザーを募集します!

 

このたび、弊社・ブレインコンサルティングオフィスがアライアンスを組んでおりますキムラユニティー株式会社様が、厚生労働省の委託事業である「令和3年度 電子申請未利用事業場訪問アドバイザー等電子申請普及促進事業」を受託しました。

本事業は、厚生労働省が、事業者の行政手続のコスト削減やコロナ禍におけるオンライン手続きの更なる普及を目指し、労働保険関係の各種届出等の電子申請化を進めていく中で、事業主の方から「電子申請をしたいが、初期設定の方法が分からない」といった意見が寄せられているのを受けたことから、“直接、電子申請のアドバイザーが事業場にお伺いさせていただき、電子申請を開始するために必要となる初期設定をお手伝いする”という事業として今年度実施されるものです。

具体的には、「e-Gov」を利用した電子申請についてのアドバイスを希望する事業場に対し、社会保険労務士の先生が電子申請未利用事業場訪問アドバイザーとして訪問し、「e-Gov」による労働保険の電子申請に関する説明や事業場の希望に応じて初期設定のフォロー、マイページの紹介を行うというものです。

今回、本事業につきまして、この「『e-Gov』を利用した電子申請の利用促進を図る、訪問アドバイザー」としてご協力いただける先生を募集致します!

本事業にご協力いただきますと、厚生労働省から「電子申請未利用事業訪問アドバイザー証明書」という認定証が発行されますので、社会保険手続きのプロである社会保険労務士としての先生の実績に、手続きに関するさらなる信頼を上乗せすることができます。

また、今回の事業では、電子申請に関するアドバイス以外の営業行為は禁止されている、ということはありますが、訪問を前提として一社ごとに報酬も支払われますので、報酬を得ながら社会保険手続きに課題を感じているさまざまな企業から直接ニーズを得るマーケティング活動の場につなげていくこともできます。特に、開業間もない先生などは、企業訪問の場数を踏む機会とすることもできます。

人口減少社会に突入した我が国において、政府が掲げる「GDP600兆円経済」を実現させるために業務効率化が
急務となっております。その一環として、人事労務分野のDX推進、企業において必須の労働保険手続きを電子申請化していく取り組みは不可避のものと言えます。
本事業の趣旨に賛同いただける先生は、是非、ご応募ください!

 

「令和3年度 電子申請未利用事業場訪問アドバイザー事業」募集要項

PSR正会員情報会員の方は各情報の詳細をご覧いただくことができます。

ログインしてください。

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ