お気に入りに追加

2月1日から3月18日までを「サイバーセキュリティ月間」

令和2年(2020年)の「サイバーセキュリティ月間」が、同年2月1日からスタートしました(期間は、同年3月18日まで)。

不審なメールによる情報漏えい被害や個人情報の流出など、生活に影響を及ぼすサイバーセキュリティに関する問題が多数報じられています。

 誰もが安心してITの恩恵を享受するためには、国民一人ひとりがセキュリティについての関心を高め、これらの問題に対応していく必要があります。

 そのため、政府では、サイバーセキュリティに関する普及啓発強化のため、「サイバーセキュリティ月間」を設けています。

令和2年においても、サイバーセキュリティに関する様々な取組を集中的に行っていくということです。

なお、サイバーセキュリティ月間を迎えるに当たり、菅内閣官房長官がメッセージを発信していますが、その最後を次のように締めくくっています。

「本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催をされます。政府としては、サイバーセキュリティの確保に万全を期してまいりますので、今後とも、政府の取組に対する皆様の御理解と御協力をお願いをします。」

 

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和2年2月3日 サイバーセキュリティ月間における菅内閣官房長官メッセージ>

https://www.kantei.go.jp/jp/tyokan/98_abe/20200203message.html

<サイバーセキュリティ月間(内閣サイバーセキュリティセンターHP)>

https://www.nisc.go.jp/security-site/month/index.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信