お気に入りに追加

閑散期のドライバーが繁忙期のドライバーをサポート_実証実験実施(国交省)

2018/12/13

調査・統計

国土交通省から、貸切バスサポートドライバー活用の実証実験を平成30年12月14日から開始することが発表されました(平成30年12月12日公表)。

貸切バス事業では、地域の観光シーズンの違いなどによる需要の季節変動があり、繁忙期にドライバー不足になり、閑散期にドライバーが余剰となる傾向にあります。

そこで、同省は、閑散期のドライバーを繁忙期の事業者を一定期間サポートするドライバーとして活用する実証実験を行い、全国各地へ取組を広げていくための課題や実現可能性を検証することとしたわけです。

具体的な実施内容は、閑散期でドライバーが余剰となる事業者において、ドライバーに対して一定期間の兼業を認め、繁忙期でドライバーが不足している事業者において、兼業を希望しているドライバーを雇用し運転業務をサポートさせるというものです。

   確かに、そのような仕組みが全国各地に広がれば、季節的な人手不足や過重労働が緩和される可能性がありますね。
   今後、他の業種においても、政府が主導して、このような取組が進めらるかもしれませんね。

   詳しくは、こちらをご覧ください。
<貸切バスドライバー不足の解消へ
~貸切バスサポートドライバー活用の実証実験を12月14日開始~>http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000296.html

 

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録