お気に入りに追加

新型コロナワクチンの職域接種 令和3年6月21日から開始(厚労省から事務連絡

厚生労働省から、新型コロナワクチンの職域接種の開始について、事務連絡がありました(令和3年6月1日事務連絡)。
 
高齢者から次の接種順位への移行については、高齢者への接種の完了を待つ必要はなく、高齢者の接種の見通しがついた自治体から、高齢者の接種状況や予約の空き状況を踏まえ、各自治体の判断で順次、基礎疾患を有する者等を含めて、広く一般にも接種を開始することとされています。
 
こうした中、今般、ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、令和3年6月21日から、企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種を開始することが可能とされました。
 
そこで、現時点における職域接種の内容を示すものとして、この事務連絡が発出されました。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<新型コロナワクチンの職域接種の開始について(事務連絡)>
≫ https://www.mhlw.go.jp/content/000786973.pdf

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ