お気に入りに追加

脳出血発症の業務起因性を肯定した事例

2024/03/13

コラム

福岡高等裁判所令和5年9月26日判決

事案の概要

亡AはB株式会社に平成3年4月1日に入社し平成26年4月3日に脳出血を発症し入院加療していたが平成28年3月24日に死亡した。

亡Bの相続人(一審原告、控訴人)は労災保険法に基づき遺族補償給付の請求をしたが、岡山労働基準監督署長は不支給とする処分をした。

審査請求、再審査請求ともに棄却されたため、国に対して処分取り消しを求め提訴した。一審は原告の請求を棄却したため、控訴したのが本件である。

 

記事

1 2 3 4 5 6 7

67(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ