お気に入りに追加

年調システムを検討している先生方の声 ~年末調整特集~

2021/07/08

サービス 特集

年末調整特集の第1弾として先日公開した、各メーカーの年末調整支援システムを年末調整手続き未経験の社労士試験合格者が体験した「実体験!年末調整手続」映像。

ご視聴いただいた先生方からのお問い合わせなど、予想以上の反響をいただきました。

先生方のお話を聴き、それぞれの製品ごとで特長・メリットがあり先生方の使いやすさという点も大事ですが、検討にあたってはそれだけではなく”顧問先の抱える課題解決につながるか”という点も大きなポイントになるのだと改めて実感できました。

本ページでは、これから検討を始めるといった先生方、または検討しているがどの製品にしようか迷っている先生方の判断材料になればということで実際に先生方からいただいたお声の一部を公開いたします。

 

オフィスステーション年末調整

  • 年末調整の映像を見て、オフィスステーションが一番よさそうだなと思いました。
    「一人400円で年末調整を電子で収集、進行管理までできる」点は大変魅力的ですし、今、使っているPCAともAPI連携で情報を双方向で連携してくれるので、業二度入力が低減できる点でも業務効率が格段に上がると感じています。

  • はじめは、「画面遷移の良さ」と「便利そう」という印象から別のシステムを検討していましたが、自身の関与先に落とし込んで考えた際、自身の関与先の規模は5~50名ほど、そこにかかる利用料、住宅ローン控除が必要な社員が多いことから、「オフィスステーション年末調整」が最良という結論に至り、現在準備を進めています。

>>オフィスステーションを使った年末調整体験動画を見る

 

ジョブカン労務HR

  • 顧問先が給与計算を(クリックス社の)「Pay-Look」で行っていたため、年末調整も(クリックス社の)「年調ヘルパー」を考えていました。この特集を見て、「ジョブカン」でも年末調整ができることがわかりました。たまたま顧問先では、勤怠管理に「ジョブカン」を導入しており、「ジョブカン」だと、従業員に配布するIDを、勤怠管理と同じIDで運用できる、ということは今回わかり、年末調整はジョブカンで行うことにしました。


>>ジョブカン労務HRを使った年末調整体験動画を見る

 

SmartHR

  • 画面が一色でシンプルという点をはじめ、従業員IDを付与した後、その他の紙書類も電子化できる点が魅力的で、年調の準備の前に、給与明細の電子化を推進しようと思いました。

  • 顧問先から、年末調整について相談を受けていたタイミングで、今回の年末調整の映像を見ました。
    この顧問先には勤怠管理でジョブカンを導入してもらっていたので、年末調整もジョブカンで統一するという選択肢もありましたが、今回、給与計算までは必要なかったこと、また、給与明細や各種書類の電子化が課題に挙がっていたことなどを総合的に判断し、ペーパレスをコンセプトとしたSmartHRで進めることにしました。

>>SmartHRを使った年末調整体験動画を見る

 

年調ヘルパー

  • 「一人300円で年末調整を電子で収集、進行管理までできる」点は魅力的ですし、関与先がPay-Lookを使っており、URLで行き来ができるとのことで、従業員側のハードルも低そうなので、こちらとしても案内がしやすいと感じています。

  • 事務所のスタッフより、別の年末調整システムについて「使いやすいよ~」と聞いていたのでデモ映像を視聴したところ、画面の色合いが好きになれなかったのですが、今回の特集の映像を拝見し「年調ヘルパー」の方が使いやすそうだなと感じました。「年調ヘルパー」は、各ボタンがメリハリのある色で非常に見やすく、親しみを持てたため、これで年末調整を行ってみようかと考えています。

>>年調ヘルパーを使った年末調整体験動画を見る

 

 

記事

1

8(1〜8件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

PSRパブリシティ
動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ