お気に入りに追加

厚生労働省関係の主な制度変更(令和元年10月)

 厚生労働省では、年度の始めや半ばに、同省関係の主な制度変更を表にまとめて公表しています。


 この度、「令和元年10月からの厚生労働省関係の主な制度変更」が公表されました。


 国民としての目線で見てみると、年金関係の「年金生活者支援給付金」の施行が目立ちます。


 対象者には、日本年金機構から請求書が送付されますが、これに必要事項を記入し、日本年金機構に提出(返送)しないと受給できません。
 身近に対象者の方がいる場合は、提出忘れがないかなど、声をかけてあげるとよいかもしれません。


 企業実務に着目すると、雇用・労働関係の「最低賃金額の改定」が重要です。
 今一度、チェックしておきましょう。


 詳しくは、こちらをご覧ください。
<厚生労働省関係の主な制度変更(令和元年10月)について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198659_00005.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録