お気に入りに追加

平成30年度の有効求人倍率は1.62倍 過去2番目の高水準

2019/04/26

調査・統計

 厚生労働省から、「一般職業紹介状況(平成31年3月分及び平成30年度分)」が公表されました(平成31(2019)年4月26日公表)。


 平成30(2018)年度平均の有効求人倍率については、前年度より0.08ポイント上昇し1.62倍でした。
 上昇は9年連続で、過去2番目の高水準となっています。
 人手不足を背景に、企業の求人意欲が強い状況が続いているようです。


 詳しくは、こちらをご覧ください。
<一般職業紹介状況(平成31年3月分及び平成30年度分)について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00002.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録