お気に入りに追加

2018(平成30)年の有効求人倍率1.61倍 完全失業率は2.4%

2019/02/01

調査・統計

 厚生労働省から、「一般職業紹介状況(平成30年12月分及び平成30年分)」が公表されました。

 また、総務省から、「労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)12月分、平成30年(2018年)10~12月期平均及び平成30年(2018年)平均(速報)」が公表されました。(いずれも、2019(平成31)年2月1日公表)


 これらによると、2018年平均の有効求人倍率は「1.61倍」で、前年に比べて0.11ポイント上昇。1973年以来45年ぶり高水準だったとのことです(一般職業紹介状況)。

 2018年平均(速報)の完全失業率は「2.4%」で、前年に比べて0.4ポイント低下。1992年以来26年ぶりの低さだったとのことです(労働力調査)。



 人手不足感が強まっていることがうかがえる統計結果となっていますね。


 詳しくは、こちらをご覧ください。

<一般職業紹介状況(平成30年12月分及び平成30年分)について(厚労省)>

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00001.html

<労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)12月分、平成30年(2018年)10~12月期平均及び平成30年(2018年)平均(速報)(総務省)>

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei04_01000158.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録