お気に入りに追加

2019年度の税制改正は寡婦(寡夫)控除の調整が難航

   自民、公明の両党は、平成30(2018)年12月12日、それぞれ税制調査会の会合を開き、各省庁や業界から要望があった2019年度の税制改正の項目案をおおむね了承しました。

   しかし、所得税や住民税の軽減措置(所得控除)の一つである「寡婦(寡夫)控除」について、調整が難航。同月13日を予定していた与党税制改正大綱の決定が、同月14日以降に遅れる見通しとなっています。


   一人親世帯の税負担を軽減する「寡婦(寡夫)控除」は、現行制度では、離婚や死別した場合だけが対象です。

   公明党は、これを未婚の一人親世帯にも広げるべきだと主張しています。

   これに対し、自民党内には「未婚での出産を奨励することになり、伝統的な家族観が崩れかねない」などという意見があり、対象の拡大に慎重な姿勢をとっているようです。


    どのような調整が図られるのか、動向に注目です。

  

    2019年度の与党税制改正大綱が公表されましたら、改めてお伝えします。

 

〔参考〕現行の寡婦(寡夫)控除については、こちらでご確認ください(民法上の婚姻関係があったことが前提になっています)。

<寡婦控除>

 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1170.htm




<寡夫控除>https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1172.htm


 


 

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール