お気に入りに追加

令和2年度平均の有効求人倍率 オイルショック以来の下げ幅 同年度平均の完全失業率も悪化

2021/04/30

調査・統計

厚生労働省から、「一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)」が公表されました(令和3年4月30日公表)。

有効求人倍率の状況は、次のとおりです。

○令和3年3月の有効求人倍率は1.10倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇。

○令和2年度平均の有効求人倍率は1.10倍で、前年度に比べて0.45ポイント低下。

 令和2年度(2020年度)平均の有効求人倍率は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、前年度比0.45ポイントの低下となりました。

この下げ幅は、オイルショックの影響で前年度比で0.76ポイント低下した1974年度以来、46年ぶりの大きさだということです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)について(厚労省)>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18223.html

 なお、同日、総務省からは、「労働力調査(基本集計)―2021年(令和3年)3月分、1~3月期平均及び2020年度(令和2年度)平均」も公表されました。

 完全失業率の状況は、次のとおりです(令和3年3月分と令和2年度平均について)。

○令和3年3月の完全失業率(季節調整値)は2.6%。前月に比べ0.3ポイント低下。

○令和2年度平均のの完全失業率は2.9%と,前年度に比べ0.6ポイントの上昇。

 完全失業率についても、令和2年度においては、前年度に比べ悪化しています(11年ぶりの悪化)。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)3月分、1~3月期平均及び2020年度(令和2年度)平均>
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01toukei04_01000202.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ