お気に入りに追加

新型コロナウイルス対策 雇用調整助成金の申請手続を更に簡素化へ

厚生労働省から、雇用調整助成金の申請手続の更なる簡素化についてお知らせがありました(令和2年5月6日公表)。
 
 雇用調整助成金の助成額の算定方法が難しいとのご意見を踏まえ、次のような簡略化を図る予定だということです。
●小規模の事業主(概ね従業員20人以下)については、「実際の休業手当額」を用いて、助成額を算定できるようにします。
※「実際に支払った休業手当額」×「助成率」=「助成額」とします。
●小規模の事業主以外の事業主についても、助成額を算定する際に用いる「平均賃金額」の算定方法を大幅に簡素化します。
・「源泉所得税」の納付書を用いて1人当たり平均賃金を算定できることとする。
・「所定労働日数」を休業実施前の任意の1か月をもとに算定できることとする。
 
 なお、今回の公表は、政府としての方針を先行して表明したもので、詳細については、後日発表するとのことです。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。
<雇用調整助成金の申請手続の更なる簡素化について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/press1401_202005061030.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ