勤怠、給与、雇用契約書、社会保険手続関係書類など・・・
社会保険労務士は、他の士業と比べても、個人情報の取扱件数がきわめて多く、その取扱いは、社労士法に則って適切に管理されているとは思いますが、昨今、企業から、「そちらの事務所は、どうやって個人情報を管理しているのか?」と質問を受けるケースも増えているようです。

近年ニュースでも頻繁に取り上げられる不正アクセスや人的事由による個人情報漏えい事件や、また、2017年5月に、改正個人情報保護法の施行もありました。

これにより大企業だけでなく中小企業も自社の個人情報の適切な取扱いだけでなく「個人情報の委託先も適切に取り扱っているか監督する」という部分にもしっかり取り組んでいくことから、情報の委託先となる社労士も、より一層安全管理に努める必要があります。

業務や人柄だけでなく、「安全にデータを取り扱う」ということも信頼関係を勝ち取る上での重要な要素です。

PSRでは顧問先など外部とのファイルの受け渡し安全に行う「ファイル交換安心君」、またお使いのパソコンや、サーバ―から自動でデータのバックアップを行う「バックアップ安心君」をご紹介しています! 先生のお仕事での利用シーンに併せ、ぜひ導入をご検討ください!

 

お客様とのデータのやり取りミスなく安全に行いたい

普段使っているパソコンから、
手間なくバックアップを行いたい

PSRネットワーク会員のご登録