お気に入りに追加

厚生年金保険料等の納付猶予特例制度について案内「終了後も他の猶予制度を受けられることがあります」(日本年金機構)

2021/02/22

手続き・届出

日本年金機構から、事業主の皆様に向けて、次のような案内がありました(令和3年2月22日公表)。

●納付猶予特例を受けている事業主様

・納付猶予特例制度が終了します。

①納付猶予特例制度は令和2年1月分~令和2年12月分の厚生年金保険料等が対象であり、令和2年12月分の申請期限は令和3年2月26日となります。

また、令和3年1月分以降の厚生年金保険料等については、納付猶予特例制度の対象とはならないため、納期限内の納付が必要となります。

②納付猶予特例制度の猶予期間は1年間となっていますので、令和2年1月分の厚生年金保険料等の猶予期間は、令和3年3月2日に満了し、令和2年2月分以降の厚生年金保険料等の猶予期間も毎月、順次満了します。

令和3年1月分以降の厚生年金保険料等の納付が困難な場合や、納付猶予特例を受けている厚生年金保険料等について猶予期間の満了日までの納付が困難な場合は、他の猶予制度を受けられることがありますので、管轄の年金事務所へご相談ください。

●納付猶予特例を受けていない事業主様

厚生年金保険料等の納付が困難な場合は、猶予制度を受けられることがありますので、管轄の年金事務所にご相談ください。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<【事業主の皆さまへ】新型コロナウイルス感染症の影響による厚生年金保険料等の納付猶予特例制度が終了後も、他の猶予制度を受けられることがあります>https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2021/202102/0222.html

※無断転載を禁じます

PSRネットワーク会員のご登録

動画から探す
アンコール配信

セミナースケジュール

専門特化型クラブ