お気に入りに追加

労働基準監督署の調査の実際

 

社労士として開業されている先生なら、顧問先に労基署の調査が入るということは、珍しくないことだと思いますが、担当者によって対応が微妙に違っていたり、「本当のところ、残業代の遡及は3か月分なの? 2年なの?」など、たくさんの疑問があることと思います。
そこでPSRでは35年間労働基準監督官をされ、最後には労働基準監督署長にまでなった中村孝雄先生を講師にお招きし、セミナーを開催することにしました。
中小企業から大企業まで、多くの企業の実態を長年見てきたPSR代表の北村庄吾との対談形式でのセミナーですので、「社労士の聞きたい本当のところ」が明らかになります!
たとえば、「健康診断の結果を会社に提出しない社員がいた場合、企業側はどう対応すればいい?」「三六協定の特別条項に80時間、100時間の設定をすると、監督署がすぐに調査に来る?」「監督署は過去の就業規則を保管している?」など、ズバリ聞きたいところに、迫っていきます!

特に開業して間もない方、開業準備中の方におすすめです!

 

DVDの内容

  • 監督官の調査にはどんな種類があって、どう違うの?
  • 内部告発があった場合、監督官はどう動く?
  • 臨検監督の流れは? 重点的に見ているポイントはどこ?
  • 就業規則に関する調査項目は?
  • 健康診断に関する調査項目は?
  • 労働時間に関する調査項目は?
  • 割増賃金に関する調査項目は?
  • 「名ばかり管理職」についての考え方は?
  • 年次有給休暇に関する調査項目は?
  • セクハラ・パワハラに対する監督署の対応は?
  • 是正勧告書に従わなかった場合、どうなる?
  • 経営者が逮捕・起訴される場合は、どんなとき?

講師

元労働基準監督署長 中村孝雄氏

 

 

 

 

ブレインコンサルティングオフィス代表 北村庄吾

 

ご購入はこちら

DVDタイトル 労働基準監督署の調査の実際
価格 PSR正会員   12,960円(税込)
情報会員・一般 16,200円(税込)
備考 DVD 1枚(約3時間 )、レジュメ

販売コンテンツ一覧に戻る

PSRネットワーク会員のご登録

セミナースケジュール