お気に入りに追加

安全衛生ニーズが高まっている業種とは

2022/11/22

コラム

 「労働災害」は、様々な要因が絡み合って発生するものですが、先日発表された第14次労働災害防止計画に向けた論点(厚生労働省労働基準局安全衛生部計画課)によりますと、労働災害の現状と災害の内容や各種経済指標から推察される増加要因は以下のとおりとなります。 

作業行動に起因する災害(転倒・腰痛等)が増加していること。
高年齢労働者が増加していること(より一層の安全配慮が必要+休業長期化)。
中小事業者・第3次産業における安全衛生対策が不十分であること。 

 これらのことから、安全衛生ニーズが高まっているのは「中小事業者」や「第3次産業」であると言えます。また、大企業やその他の産業であっても、「作業行動」や「高年齢労働者」が重要なキーワードとなるでしょう。

 

記事

1 2 3

20(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ