お気に入りに追加

第三次産業に求められる危険感受性の向上

2022/03/24

コラム

 多くのサービス業、小売業、社会福祉施設、飲食店などの第三次産業では、残念ながら安全活動を活発に行っている職場は少なく、依然として労働災害が多発しており、悪化の一途を辿っています。

 一方、必ず安全衛生が確保されなければ業務に従事できないというほど危険ではない業種であることや、たとえ怪我をしても比較的小さな程度で済んでしまう傾向があることから、安全衛生確保に対する手間や費用が「ムダ」となることがリスクであるとも捉えられてしまいがちです。

 では、一体どうすればよいのでしょうか。


 

記事

1 2

15(1〜10件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ